ダウンロード
メニューを閉じる -

なぜRSKのMircosoftとのパートナーシップがディベロッパー-そしてビットコインの採用にとって重要なのでしょうか?

数日前、MicrosoftはRSK Smart MainNetをAzure上でサービスとして稼働する公共のブロックチェーンとして追加し、RSKは現在、Microsoftのような大手のクラウドプロバイダーのサポートを受けた数少ない公共のブロックチェーンのひとつです。

MicrosoftのBlockchain-as-a-Serviceマーケットプレース (BaaS)により、ディベロッパーは 、ローカルサーバーを設定し、マニュアルでノードをインストール、メンテナンスするかわりにRSKノードを数分で展開、構成可能です。非ブロックチェーンとブロックチェーンディベロッパーディベロッパーは共にdAppsを低コストで学習、体験でき、RSKスマートコントラクト上でのdApp開発継続がむしろ容易になります。

ノードの設定、維持に時間をかける必要なく、dAppディベロッパーは、今ではリソースを自身の製品づくりにより集中できます。 容易なノード展開とメンテナンスは、インフラストラクチャーのディベロッパーにとってもメリットがあり、インフラストラクチャーレイヤー(例えばInfura)上でサービスを展開し、収益を上げ始めています。

これはBTCコミュニティ全体にとって何を意味するのでしょうか?

今までは、BTCはスマートコントラクトをサポートせず、ディベロッパーはdAppをイーサリアムか他のスマートコントラクトプラットフォーム上に構築していまいした。RSKはイーサリアムと同じプログラム言語(Solidity)を用い、ディベロッパーは新しいプログラム言語を学ぶ必要なくdAppsを構築可能です。そして、RSKはBTCと1-1で関連づけられたサイドチェーンであるため、RSK上での使用頻度が増えることでBTCの利用増加にもつながりました。

これから数か月間、下記をはじめとする、近い将来のdAppとインフラストチャーソリューションの構築によりフォーカスしていきます。

  1. より速い決済のためのオフチェーントランザクション(Lumino)
  2. 手数料収入獲得のためのネットワークへのストレージ提供
  3. Web2データをRSKブロックチェーンに提供するためのOracle
  4. 安全な通信

RSKに何を期待しますか?こちらからお気軽にお問合せください。