ダウンロード
メニューを閉じる -

社会的影響のためのブロックチェーン:現在の業界状況の概観

ブロックチェーン技術は社会的なインパクトを生み出すことで何十億もの人々の生活を変えてしまう可能性を秘めています。ほんの少し例を挙げると、銀行口座を持たない人たちとの取引、私たちが日常的に消費する数々の製品やサービスについてのトレーサビリティの強化、デジタル・アイデンティティの創造、科学および医療研究に対する報償などがそうです。(社会的なインパクトについてブロックチェーン技術を活用している193の組織を分析した)Stanford University の興味深いレポートによると、こうしたイニシアチブの55% が2019年前半までには受益人に影響を及ぼすだろうと推測されています。同レポートで、さらに注目に値するのは、健康や医療、金融包摂、エネルギーと環境、寄付、民主主義や政府、そして農業に関連するプロジェクトがよりいっそうの関心を生み出していることです。同レポートにおける、ブロックチェーンのイニシアチブの最も一般的な使用事例は支払と送金(25%)、ならびに記録と検証(26%)となっています。ブロックチェーンの最も著名な主要利点はリスクと不正の軽減(38%)および効率性向上(24%)です。

 

こうした推測に基づくと、ブロックチェーン技術が近い将来、さまざまな形で、世界中の人々を確かに支援することになると考えるのは実に明るい材料です。様々な産業/ 分野に及ぼすこうした技術の可能性を理解するのにいくつかの事例を見てみましょう。

 

健康および医療産業

 

ブロックチェーン技術はこの産業に以下の利点を提供し得ます:

  • エンドツーエンドのトレーサビリティの提供& 薬物偽造の防止。
  • 医療記録のアクセス& 保守管理の向上。
  • 電子健康記録やカルテへのアクセス改善。
  • 医療クレデンシャルの追跡。
  • 科学研究への報償。

Mediledger Projectは、この産業によって開発される各製品についての完全なトレーサビリティを提供する、薬剤供給チェーンのためのオープンな分散型ネットワークです。Farmatrustは、費用削減および偽造品や標準以下の製品の撲滅を目指す、同様の目標を掲げるもう1つのユニークなプロジェクトです。Medrecは(様々な医療提供者と、長年に及ぶ)ブロックチェーン技術を使った全患者医療歴の統合を図り、Modsenseは広範な薬剤にとっての重要な側面である温度追跡を可能にします。以上はほんの一例に過ぎないものの、ブロックチェーン技術が健康や医療産業において、様々な形態で、利用可能であることを示す事例です。

 

アイデンティティ照合& 金融システムへのアクセス

 

当社が以前に金融包摂を対象とするブロックチェーン技術を分析した際、何十億という人々にアイデンティティを提供するのがプロセスにおける最初の不可欠な手順でした。BanquAid:Tech& Secure Keyのようなプロジェクトが明示的に示すのは、こうした技術がいかに費用を削減することができると同時に、信用やクレジットへのアクセスを提供する目的でいくつかの金融機関によって使用され得るようなデジタル・アイデンティティを提供することです。E-stoniaは、ブロックチェーンがガバナンス、税務、居住や在留、投票等の多くの用途に使用できることを示す優れた事例です。Bitpesa& IBM Blockchain World Wireは、また、ブロックチェーンを使って送金サービスに付随する仲介費用を削減し、数秒で越境的決済を行うことができることを表す良き事例です。Mojaloopは、ブロックチェーン技術を通じて銀行口座を持たない人たちと取引を行う方法を明示する興味深い事例です。

 

寄付

 

ブロックチェーンは寄付産業にエンドツーエンドのトレーサビリティを提供することができます。この産業の主な課題は常に同じであり、つまり、透明性の欠如です。資金際にどのように用いられるかの流れ、そして、機密情報へのアクセス制限をブロックチェーン技術を駆使して解消しうる術を追跡するという困難さです。HumaniqRootprojectGivetrackCircles of AngelsおよびBlockchain For Humanityが優れた事例です。

 

食品生産

 

トレーサビリティは、食品産業内でこの技術をどう利用できるかを考える際の重大な特長です。そして、食品履歴の追跡や真正性の検証に活用できます。有機のビーガンおよびベジタリアン食品メーカーは自身の製品の品質を追跡するシンプルな方法を顧客に提供することでこの技術による恩恵を享受することができます。さらに、このことはコーヒー、海鮮類、鉱物、木材、綿および思い付くほぼ全ての製品にも当てはまります。Grassroots& Bext360は興味深い事例です。

 

再生可能エネルギー

 

グリーンエネルギーの製造者にとってクレジットの制約は常に大きな障壁として立ちはだかってきました。ブロックチェーンはこうした製造者が該当分野の専門家による綿密な分析前に、集団的有しにアクセスするのを可能とします。将来のトークン化された電気の代わりに、ブロックチェーンは水、太陽光、風等の天然資源を活用したエネルギーの大量生成を実現します。WepowerElectrify Asia& Grid Singularityがエネルギー生成と代替産業に適用されるブロックチェーン技術の興味深い事例です。加えて、ブロックチェーン技術は、多くの人々が電気供給網にアクセスすることなく、余剰分の電力を近隣に分配するのを促し得ます。Solshareが好事例です。

 

RSK は、何十億もの人々の生活を改善しうるブロックチェーン技術のパワーを確信しています。Circles of AngelsGivetrackおよびBlockchain for Humanityといったプロジェクトは、価値のインターネット(Internet of Value)の基盤構築のあり方を示す優れた事例です。