ダウンロード
メニューを閉じる -

Orchid Release v0.6.2のリリース

新しいRSK Orchidのリリースは、私共の Github repoに掲載されます。このリリースにはパフォーマンスの改善、ストレージの必要性の低減、マイナーバグフィクスが含まれます。いくつかのコードベースリファクターとクリーンアップもこのマイルストーンの一部です。

これはこのバージョンに含まれる変更内容のサマリーです。

  • コードベースリファクターとクリーンアップ (#803#796#798#792#786)
  • ブロックチェーンストレージサイズを減らす (#793)
  • オンチェーン・ログ・リトリーブのパフォーマンス改善 (#795)
  • トライの改善 (#789#783#782#719#778)
  • 新しい情報をVMトレースアウトプットに追加 (#785)
  • txpoolモジュールレスポンスにおけるバグフィックス (#771)
  • その他のマイナーバグフィックス (#801)

対応の Github milestoneに紹介されている変更内容の一覧をご覧頂けます。

Version 0.6.2のリリースのsha256の合計は 90d8c45a044fd505b8c551b74376adb102b4bbd50f5e529337b71218198a535b rskj-core-0.6.2-ORCHID-all.jarとなっています。詳細については、Reproducible Buildガイド をご参照ください。

すべてのユーザーの皆様にこの新しいバージョンへの更新をおすすめします。私共と共有したいフィードバックについてはすべて、 私共のGitterコミュニティーまたはGithubレポジトリにイシューを作成、直接連絡してください。

RSKが初めての方は、RSKスタートガイド およびスマートクイックスタートチュートリアル を参照、 プラットフォームの始め方について確認してください。