RBTC
はRSK Mainnetのネイティブトークンで、
対BTCは1:1で固定です。

RSKエコシステムトークンのトランザクション手数料など、ネットワーク上におけるSmart Contractの約定に支払うGasとして使用され、ETHと同じ方法でEtherumのGasとして使用されます。

Introducing RBTC

RBTCの入手

RSKエコシステムのウォレットとDeFiプロトコルを使用してRBTCを入手し、RSKネットワーク上でトランザクションを開始できます。

Bitfinexを使用してRBTCを入手

Bisqを使用してRBTCを入手

Exolixを使用してRBTCを入手

Defiantを使用してRBTCを入手

Liqualityを使用してRBTCを入手

Sovrynを使用してRBTCを入手

Powpegを使用してRBTCを入手


アカウント間でRBTCを送金する方法


RSK Powpegペグアウトプロセスを使用して、RBTCをBTCに変換します。

よくある質問

RBTCは、Sovryn, Defiant, Liquality, Bitfinex, Powpeg, Bisq, Exolix. から入手できます。これらのプラットフォームからRBTCを入手する手順については、上記のチュートリアルビデオをご覧ください。
RSK は現在、さまざまなソフトウェア&ハードウェア・ウォレットに対応しています。詳細については RBTCを参照してください。
取引所に RBTC を上場するのは、さほど技術に精通していないユーザーがアクセスしやすいようするためです。Pegを使ってRBTCにBTCを送金するにはほぼ1日を要します。ユーザーには最低限、Smart Contractの約定に必要なトランザクション手数料として、少額のRBTCが必要です。取引所は、予想されるRBTCの成長に対して、その需要が応えるのに役立ちます。

ビットコインをRSKに (「Peg-In」)、またはRSKをビットコインに (「Peg-Out」) 変換するネイティブメカニズムは、2-Way Pegによるものです。実際には、ユーザーがPeg-Inすると、ユーザーの資金はBitcoinブロックチェーンにロックされ、同額のBTCがRSKブロックチェーンでロック解除されます。ユーザーがPeg-Outを要求すると、RSK上のビットコインはRSK Blockchain内でロックされ、同額のBTCはBitcoinブロックチェーン内でロック解除されます。セキュリティプロトコルは、両方のブロックチェーンで同一のビットコインを同時にロック解除できないようにします。このためにはトランザクションの完了状態が必要になります。ビットコインのロックを解除するために、トランザクションのブロック確認が数百件必要になるのはこのためです。

全てのユーザーが必須数のブロック確認を待ちたいとは考えないことから、取引所はBTC/RBTC変換にあたってより迅速なメカニズムを用意しており、ユーザーに対し変換手数料を課します。

このブログ投稿に詳細な説明があります:RSKによるPow Pegの設計

より詳細な情報については、Powpegメカニズムを参照してください。

当社のニュースレーターへの登録