DAIからRDAIへの換算方法

Defiant / Token Bridge

Defiantウォレットを設定します


Google StoreかApple StoreでDefiantウォッレットをダウンロードします

保有するDAIを自分のデフォルトウォレット送金します


保有するRDAIと同じアドレスを持つ自分のウォレットのRDAI残高にアクセスします

ブリッジのためのウォレットの設定

ブリッジの機能とDefiantのデフォルト設定の違いによっては、
ウォレットの使用を開始できるようにするために追加設定を行う必要があります。
まず、すでに読み込まれているいるウォレットのシードフレーズを再インポートします。方法:My wallets --> Import
次に、次画面で12の単語を入力し、ウォレットで保有したい通貨を選択し (ETH、DAIなど)、
右上の緑色のギアアイコンをタップします。 表示された画面では、
「Defiant's default derivation path (Defiantのデフォルトの派生パス)」ではなく、
「MetaMask」オプションを選択します。 そのあと、Continueをタップします。
ウォレットを正しくインポートした場合は、新しいウォレットである「|MM」が最初のウォレットの右側に表示されているはずです。
この「|MM」が、ブリッジに使用するウォレットです。
これで、換算したい任意の額のDAIを自分に送金することができます
(Gas料金決済にETHが必要なことを覚えておいてください)。そして、DAIをタップし、Receive(受信)
をタップすれば、自分のアドレスを持つことができます。
ついでに、ご自分のRSKアドレスにrDAIトークンが表示されるように、「|MM」 ウォレットにrDAIを追加しておくとよいでしょう
(以後のRSKトランザクションでは、幾分かのrBTCが必要になるため)。
この設定は、My Walletsを開いて「My Wallet」に進み、「|MM」ウォレットの下の$アイコンをタップして、
2番目のタブであるCustom Tokensの中にあるRSK DAI Stablecoinを検索します。

Token Bridge


Token Bridgeにアクセスします ( https://tokenbridge.rsk.co/ )

1

右上に、dAppをウォレットに接続するためのボタンがあります
そこでは、Metamask (Niftyには最適な選択)、またはWalletConnectを選択できます。
今回の説明では、WalletConnectを選択します。

2

インストールしたDefiantの画面からWalletConnect機能を見つけて、New connectionをタップします。

3

以下の画面で行うこと:
dAppに接続したいウォレットを選択します (Defiantでは多くのウォレットを利用可能なため)。
Ethereumをネットワークとして設定します。
[OK]をタップします

4

次に、携帯電話でToken Bridgeが表示するQRコードをスキャンする必要があります。
Defiantが新たな接続が作成されたことを確認し、数秒後にウェブも確認します。
また、画面の左上隅にEthereumアドレスが表示されていることもわかります。

5

その後、Token Bridge Webのスワップモジュールの左側にあるDAIを選択すると、RDAIは自動的に反対側に設定されます

6

スワップするDAIの金額を入力します (DAI残高と同額以下)。

7

この通貨ペアで初めてスワップする場合は、承認を実行する必要があります
そのため、Defiantを使用して署名するには、承認ボタンをタップしてトランザクションを送信します。

8

Defiantで表示されたメッセージを確認し、承認をタップして署名します

9

トランザクションがMiningされるまで待ちます。

10

その後、トークンの換算ボタンを使用してプロセスを繰り返します。
[トークンの換算]をタップしてDefiantで署名 (承認) し、その操作がMiningされるまで待ちます。
Token Bridgeは、ブロックチェーンのトランザクションの安全性を確認するために24時間を要します。
その日の翌日、Defiantでお使いのRSKウォレットにRDAIが振り込まれています。